フィルムロール梱包

収納方法の分類としては、【吊り天梱包】と【直置き梱包】があります。基本的には、巻きコアの両端でフィルムロールを吊る方法が多いです。
製品数の分類としては、【個装梱包】・【2本入れ梱包】・【集合梱包】があります。製品重量にもよりますが、出来るだけ複数梱包にした方が梱包作業性と梱包資材の合理化につながります。
梱包資材の素材としては、【紙製】・【スチール製】・【樹脂製】があります。輸送形態に合わせて素材を選別していくことが重要です。
最近では、温度保持対応・クリーンルーム対応等の付加条件が求められるケースも、あります。
コメントは受け付けていません。